保険の制度は少しずつ変化します

保険というのは、少しずつ変化していっています。そのため、定期的にその見直しをすると言うことは、非常に大切なことです。死亡保障や傷害保障などいろいろとありますが、政府が行うと控除というのも変化があります、新制度と旧制度の違いを知ると言うことも大切なことかもしれません。加入しておけば、いざという時に、大きな力を発揮します。ただしそのようなことがなければ、利用することがありません。一度はいったらそれっきりと言うのでは、いざというときに役に立たないものになっているかもしれません。保険は定期的にも直しを行いましょう。

旧制度と新制度の違い

サラリーマンなら年末調整、自営業などの人たちは確定申告で税金の控除をして、節税していると思います。このとき、保険料の控除を行っている人も多いでしょう。この控除の制度が新しく変わります。旧制度では一般生命保険だけだったのが、新制度ではそれに介護医療の区分が増えました。一般は生存または死亡に関するもので、介護医療は入院や通院に関するものと分けられたのです。これにより、従来よりも最大で所得税の控除額が2万円増えました。契約日や契約内容によっては新制度により節税出来るかもしれないので、この機会に見直してみてもいいかもしれません。

保険と社会についての情報